いろいろかんそうぶん

いろいろな感想文を書いています。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< こっこさんの台所CD | main | クレイパック >>

魔法にかけられて

JUGEMテーマ:映画の感想


  <ストーリー>
アニメーションの中の美しい王国アンダレーシアで暮らす心優しいジゼル。夢にまで見たエドワード王子との結婚式の日、ジゼルは魔女に騙され、恐ろしい世界へと追放される。たどり着いたのは、ロマンティックな“おとぎの国”とは正反対の“現代のニューヨーク”だった!
大 都会の冷たい人たちに戸惑うジゼルを助けたのは、現実主義でバツイチの弁護士ロバート。動物と話し、ところ構わず歌いだすジゼルに驚き、時にうとましく思 うロバートは、彼女と過ごすうちにその素直で心優しい姿に惹かれていく―。しかし彼女を追って現代にやってきたエドワード王子やその家来、更にジゼルを罠 に陥れたナリッサ女王の登場で、ニューヨークの街は大パニックに!!



ディズニーらしいセル画(アニメ)に実写というロマンチック・コメディ。
かなり面白かったです。

ディズニーならではのヒロイン、ジゼル。歌って踊ってな彼女が魔女によって現代のNYに。ジゼルの役者さんがものすごく上手い!思わずニマニマしっぱなし。
カーテンで洋服作ったり、動物達を呼んで掃除したり(ここでいう動物が鳩、ドブネズミ、ゴキと、まーすごいこと…。このシーンはゴキちゃんのわさわさにうげーっ…
【ディズニー】やってみた、なノリで面白かったです。
ミュージカルはすんばらしいっす。楽しくなっちゃう。王子もまた面白い…

王子と会うまでは、うふふあははな ノリのジゼルでしたが現実主義者のロバートの下でちょっとづつ変化していきます。っていうか役者さん吹き替えさんむちゃくちゃすごい。この映画で見てもら いたい所はやっぱりジゼルとエドワード王子の役者さんのハマリ度じゃないでしょうか。吹き替え版も同じぐらい良かったです
色んなディズニーのお話も入っていたりするのでその辺も楽しい

最後は王子とセル画に戻るのかなーと思っていたけどそうじゃなくて…
少し話の重点が傾いてしまっているのか、王子とロバートの彼女の接点(彼女がロマンを求めていたっていう)が微妙に分かり辛かったかなー。一応最後の方になると台詞としていってはいるんだけど…うん。まぁいいかそっちは
っていうか携帯の電波入るんだ!

まぁ皆幸せになろう!

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iro2.lovevi.net/trackback/8
この記事に対するトラックバック
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVIES
LINKS