いろいろかんそうぶん

いろいろな感想文を書いています。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 清 竜人 | main | プレッジ >>

4分間のピアニスト

あらすじ

本国ドイツで大ヒットを記録した、斬新なストーリーと圧倒的なピアノ演奏で綴る感動ドラマ。無実の罪で囚われた天才ピアニスト・ジェニーと、残りの人生を 賭けて彼女を指導する老ピアノ教師・クリューガーとの激しくも暖かい魂のぶつかり合いを描く。




なんかラスト、いい意味で全部吹き飛んだ感じ。

「ピアノを弾ける指も気持ちも才能も若さもあってそれをどうしてやらないのか」(と云いたかったと思う)ピアノ教師と無実の罪で囚人になった女の 子。
ナチ時代、思想の自由がない時代背景と恋人が囚人でしかも同性愛者であまりいい亡くなり方をしなかった…というトラウマをもっているピアノ教師の 心情ってのが結構あからさまに女の子に向けてるなーって感じがした。
少々暴力的な所が多いけど、行き場のない感情をお互いに持っててウロウロ。

最後、やっとの事でコンテストに出せた女の子はピアノ教師の期待を大きく裏切ってすごい表現方法のシューマンを弾く。
終った後にお辞儀してニッって笑う女の子と諦め顔ながらも赤ワインをぐっと飲む教師。この辺あんまり台詞なくてよかったなー。

ピアノの演奏がよかった、すごかったーって云う事じゃなくて、絵としてすごい感動できたなって感じ。カメラアングルや動きで感動できんのもドイツ 映画にしてはめずらしいなーと思いつつ(ドイツ映画って結構淡々としてるような気がする…)鳥肌立つ。
がーっと最後に吹き抜ける爽快感…っていったら話の内容に反するような気もするけど、良いため息が出る感じ。女優さんの演技もすごい良かった。



JUGEMテーマ:映画の感想
映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iro2.lovevi.net/trackback/47
この記事に対するトラックバック
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVIES
LINKS