いろいろかんそうぶん

いろいろな感想文を書いています。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 深夜食堂 | main | 重力ピエロ >>

13話 手紙 The Letter 1939年


 

あらすじ
1939年にとある娼館で25歳の黒人女性セイディが殺害され、犯人が見つからないまま事件は迷宮入りになる。それから65年後、セイディの孫のサラが、母親の遺品の中から手紙を見つけ、祖母の死の真相を探るべくラッシュのもとを訪れる。事件当時の警察の見解は「娼婦が客に殺された」というものだったが、手紙によるとセイディは「ミルクマン」と呼ばれる人物を恐れていたらしい。その後の調べによって、手紙はセイディの直筆ではないことがわかる。読み書きの出来ないセイディのためにアーレッタという娼館の娘が書いていたのだった。アーレッタはラッシュに意外な事実を告げる。
セイディは牛乳配達のジョーンジーと密かに愛し合っていたのだ。ジョーンジーは、同僚で白人至上主義グループのリーダーであるピアースに命じられ、セイディの目の前で牛乳のカゴを道に落とす。だがセイディは割れた瓶を片づけることはせず、毅然と嫌がらせを無視するのだった。その気高さに惹かれたジョーンジーが手紙を入れた牛乳カゴを届けるようになり、交際が始まったのだったが・・・。



リリー・ラッシュフィラデルフィア市警殺人課の刑事
スコッティフィラデルフィア市警殺人課の刑事。リリーの相棒

セイディ
(黒人の被害者)
サラ(セイディの孫。事件の捜査をリリーに

ジョーンジー(白人の牛乳配達員。白人至上主義グループのメンバー)



まず、ものすごい年月と時代…
現代チームの動きはすごいなー。孫のサラが1万ドル出して墓の掘り返ししたり、現代で生きてる人間探したり。筆跡鑑定士というのもすごい。スコッティが試しにやってみた所色々とわかるww

事件に関しては出会いは最悪でも文通というツールで仲良くなっていくセイディとジョーンジーは見てて微笑ましかったです。時代が時代なだけにハラハラする。
ただこのジョーンジーがしでかした事はなんだろうな。
セルディの娘がセルディ似の黒人であれば3人で逃げて仲良く暮らせたのか。
白人至上主義グループに居たからこそ、自分可愛さに殺害したのか。またはセルディの今後を考えて愛ゆえに殺害したのか。(前者臭いけど)
どちらにしても自業自得なので老人である現代に刑務所に入ってしまうけど可哀想だとは思わなかった。時代のせいだといってしまえば詭弁なんだろうけど、その時代に生きていたからこそいえる事なのかもしんない。切なス……


コールドケース・迷宮事件簿 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iro2.lovevi.net/trackback/27
この記事に対するトラックバック
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVIES
LINKS