いろいろかんそうぶん

いろいろな感想文を書いています。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12話 接着剤 Glued 1980年 | main | 深夜食堂 >>

雨の町

あらすじ
とある地方都市で内臓の無い子供の死体が発見される。ルポライターの兼石荘太は事件を調べに現場へと赴き、町役場で35年前に起こった小学生集団失踪事件を知る。 

随分昔に見たんですが急に思い出したので……記憶違いがあるかも
原作は読んでいません。

ホラーサスペンス映画なのですが中盤までは、この先どうなるんだろーとワクワクしながらみてました。だんだんと物語の確信に迫っていく主人公。主人公:和田聰宏さんがなかなかいい感じです。

35年前に消えた子供たち、雨が降ると帰ってくる子供たち、田舎町の年寄り、カッコウの雛と舞台が揃った所で話の確信である部分になるんですがなんか行き成り バ イ オ ハ ザ ー ド…というかエイリアンというかなんだ、あれは?おじいさんの説明によると子供にとあるモンスターが寄生して育てた親を殺す??…的な感じでしたがこの辺はよくわからない。まぁ雰囲気程度に楽しめるかと思います。あまり深く考えてはいけない…!
内臓のないぺこんぺこんな子供が動き出す所はぞぞっとしました。子供関係のホラーってやけに怖い。

お子たま☆モンスターとの対決も終ってなんだか主人公もヒロインも微妙な心持で暮らして…って一緒に暮らしてるのか…!そこは吃驚したお。何時の間にそんな仲になったの?

そんな二人がなんか本当に暗ーく暮らしてる中、本当のヒロインであるお子たま☆モンスターの女の子が登場。この子はどうやら主人公の事が好きだったらしい…。あ、そうなの、知らなかった…。


邦 画の良い所って独特の雰囲気と地味さと暗さの中にちょっとした希望だと思っているんですがこれは結構そういう部分が多いかなーと思いました。淡々と進むん だけど、人間だった者の感情や、親であるはずの人間の感情、第三者の感情。そういった部分は本当に重々しい雰囲気と映像で展開されていくので淡々が平気な らいけそうな気がします。(バトルがあるから淡々とは正確にはいえないけど)最後は「すーん」とする感じ。
なんにしてもあまりオチや原因究明は考えない方が懸命と思っているのでこれはこれで面白かったです。


JUGEMテーマ:映画の感想
映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iro2.lovevi.net/trackback/15
この記事に対するトラックバック
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVIES
LINKS